スプレッドとは

スプレッドとは、購入価格と売却価格の差額のことです。

仮想通貨取引所では、「購入価格」と「売却価格」のふたつの価格を同時に掲示します。

このふたつの価格の差額(=購入価格−売却価格)をスプレッドと呼び、複数のユーザーが同時に売買すると、仮想通貨取引所がスプレッドを徴収します。

例えば、ある仮想通貨取引所において、1BTCの購入価格が700,000円、売却価格が650,000円だった場合、

700,000円(購入価格)−650,000円(売却価格)=50,000円(スプレッド)

という計算式となり、「50,000円のスプレッドがある」といえます。

スプレッドは常に一定ではなく、現在価格の◯%といった具合に、相場の状況によって変化します。また、取引所ごとにスプレッドの設定は異なります。同じ取引所内であっても、仮想通貨の銘柄が異なると、スプレッドも異なることがあるので注意が必要です。

一般的に、価格変動が激しい場合にスプレッドは広がりやすくなります。

相場と同じように、いくらになるかは明確にわかりません。

売却が少なく購入が上回ると全体の価格が上昇し、購入が少なく売却が増えると全体の価格が下落します。この変動が激しければ激しいほど、スプレッドは広がっていきやすい傾向です。スプレッドが大きいほどユーザーは不利になり、小さいほどユーザーに有利になります。

スプレッドがある理由は、仮想通貨取引所が手数料としてユーザーから徴収するためです。購入価格と売却価格に差をつけることで、複数のユーザーが同時に売買を行った場合に、仮想通貨取引所の売り上げとなる仕組みとなっています。

仮想通貨取引所によっては、仮想通貨の売買をするにあたって「販売所形式」と「取引所形式」のふたつのパターンがあります。スプレッドが発生するのは「販売所形式」のみです。

販売所形式は、QUOINEXなどの仮想通貨取引所と売買する取引方法です。購入価格と売却価格がそれぞれ掲示されるため、スプレッドが発生します。取引所形式に比べると、購入価格が高くなり、売却価格が安くなりますが、必ず取引が成立するメリットがあります。

取引所形式は、ユーザー同士で板取引を行う取引方法です。購入価格と売却価格が釣り合っているため、スプレッドが存在しません。ユーザー同士の言い値で売買を行うので価格優位性はありますが、必ず取引が成立するとは限らないのが取引所形式の特徴です。