ノードとは

ノードとは、ネットワークの分技点や接合点のことです。

仮想通貨におけるノードは、ネットワークに接続している端末を指します。

仮想通貨取引所で取引を行う際には、取引所が自動的に該当のノードと接続しています。

ノードが持つ機能は、以下の4つです。

・ルーティング
・ウォレット
・マイニング
・ブロックチェーンデータベース

ルーティングとは、データの送り先の経路を探し出す機能のことです。

すべてのノードに備わっています。

ウォレットとは、仮想通貨の送金や受け取りを管理する機能のことです。

マイニングとは、トランザクションをまとめてブロックチェーンに反映させる機能のことです。

ブロックチェーンデータベースとは、トランザクションを管理するデータのことです。

いわゆるブロックチェーンのことを指します。

 

すべてのノードが上記4つの機能を備えているわけではなく、ノードの名称ごとに機能と役割が異なります。

ノードは検証・承認を行い、取引の整合性を検証します。

ノード間における優位性はなく、同じノードであれば対等の関係です。

代表的なノードは、以下の2つです。

・フルノード
・SPV(Simplified payment verification:シンプルファイド・ペイメント・ヴァーフィケーション)ノード

フルノードは、ルーティング、ウォレット、ブロックチェーンデータベースの機能を持ったノードのことです。

過去から現在までのすべてのブロックチェーンをダウンロードし、トランザクションの検証を行います。

SPVノードは、ルーティングとウォレットの機能を持ったノードのことです。

軽量ノードとも呼ばれており、フルノードが持ったブロックチェーンを参照することで、トランザクションの検証が行えるノードです。

ビットコインのスケーラビリティ問題と同じように、ノードでも同様の問題が発生しています。

一部を除いて、基本的に誰でもノードを立てることができますが、接続する端末によってスペックが異なるため、ノードの処理能力の差が問題となっています。

この問題を解決するために、Segwitやブロックチェーンの拡大、ライトニングネットワーク の導入が進んでいます。